注文住宅を建てる時に重要視するべき点をご紹介いたします

木のおもちゃ

注文住宅あれこれ

きれいな家

注文住宅と言っても希望通りの住宅を建ててくれる業者なのかを選ばないと、出来上がった家に不満が残ってしまいます。業者の得手不得手もありますから、慎重に業者選定をしましょう。大手の住宅メーカーも注文住宅を受注しています。しかし、メーカーは標準仕様から外れるとコストが跳ね上がる傾向にあります。営業トークも上手でついつい乗せられてしまいがちなので注意が必要です。
次に地元根差した、大工さんを抱えた工務店が挙げられます。木材にこだわりがあったり、大工さんの腕を活かしたりした、昔ながらの家づくりが得意です。このような会社はアフターなどのサービスも良いようです。但し、いかにも伝統的な木造住宅になりがちなので、デザイン性が建てたい家とあっているかどうか見極めが必要です。 最近増えているのが性能重視の注文住宅。高気密高断熱や、ゼロエネルギー住宅を謳っているのが特徴。特殊な断熱や換気方式なども取り入れています。あまり新しい会社だと、アフターに問題があるケースもあるので、しっかりとした基盤を持っている会社かどうか確かめましょう。ローコストで注文住宅を受けている会社はちょっと考えたほうが良いかもしれません。安い建材などを使ったり、業者をたたいて無理に工事させたりしているケースもあるので仕上がりがいま一つ良くない場合があります。注文住宅であればローコストの会社は避けたほうが無難です。

豪邸

注文住宅は自分の意見を反映させる

注文住宅を建てていくのであれば、自分の意見を反映させていきたいものです。では注文住宅を建てていく中で自分の意見を反映させていくためにはどうすればいいのでしょうか。まずは自分の意見をしっかり聞いてくれるような注文住宅のメーカーを探していきましょう。自分の意見を聞いてくれるような注文住宅のメーカーは、地道に探していかなくてはなりません。いろいろな住宅メーカーに行ってから実際に話してみて、自分の意見を聞いてくれているかどうかを確かめていく必要があります。住宅メーカーがその場で契約を無理やり取ろう…

詳しく読む ▶

イチオシ記事

TOP